軟水と硬水、どっちがおいしい?

一般的に、日本の水には『軟水』が多く、欧米では『硬水』が多いと言われています。その理由として、川の形態が関係してると言われています。基本的に川の流れによって鉱物が水に溶け込み、天然のミネラルを含んでいきます。日本の川は急で短いという特徴があり、その溶け込む過程が少ないので歴史的に日本の水は軟水といわれており、逆に欧米の川は緩やかで長いという特徴があるので、歴史的に硬水になると言われています。

なので、昔から軟水を飲んできている日本人は軟水が体に合っているといわれており、軟水に合わせて体が出来ているので、欧米人より腸が短いとされています。硬水を飲むと人によってはお腹を下してしまうと言われています。

軟水はクセのない口あたりで飲みやすく、ミネラルが溶け込んでない分だけ、お茶やコーヒーの抽出しやすく、料理への使用にも適しています。一方、硬水はミネラルを多く含むため独特の苦味があり、しっかりとした飲みごたえと言われています。

クリクラは軟水です。飲みやすく腸が大人より短い赤ちゃんでも安心して飲ませてあげれるので飲んでみたい方はぜひお試しからご連絡ください。

― 戻る ―

クレジットカードも利用できます。